リクルートカードのデメリットは一部の人には圧倒的なメリットに!

recuruit

 

リクルートカードのデメリットの一つに
ポイント交換先が限定されるというのがあります。

 

ポイントの交換先は

  • リクルートサービス内
  • ponta加盟店

となっています。

 

以前はリクルートサービス内とかなり限定的だったんですが、
Pontaポイントと提携して改善はされています。

 

img_pointchange

 

それでも限定的ではあるんですが、
これらを利用する方にはメリットだと思います。

特にリクルートサービスを利用する方にとっては。

 

 

リクルートサービス内では圧倒的に優遇

リクルートカードを持っているだけで
リクルートサービス内でポイントが圧倒的に優遇されます。

通常の1.2%のクレジットポイントに
+αでポイントが還元されます。

 

リクルートカードポイントアップ

 

ポンパレモールなら1.2%+3.0%=4.2%

じゃらんなら1.2%+2.0%=3.2%

 

しかもリクルートカードプラスなら
ポイント還元率が2%にアップするのでさらに優遇されます。

 

ポンパレモールなら2.0%+3.0%=5.0%

じゃらんなら2.0%+2.0%=4.0%

 

リクルートサービス内でポイントが貯まりやすい。
そして、貯まったポイントをリクルートサービスで利用する。

リクルートサービスを利用する方はこの好循環で回って行きます。

 

 

無料のリクルートカードか?有料のリクルートカードプラスか?

細かい違いはありますが、
年間のカード利用額でどちらのカードにするかを
選ぶといいかと思います。

 

recruit.plus

基準は年間約27万円のカード利用額のライン。

 

このラインを超えると有料のリクルートカードの方が
ポイントの面でお得になってきます。

 

他にも細かい部分の比較もされたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

⇒リクルートカードとリクルートカードプラスの比較記事へ

 

▼リクルートカード公式▼

 

 

リクルートカードとnanacoを使ってぜひ公共料金支払いを!

公共料金

 

リクルートカードとnanacoの両方を持っていたら
ぜひnanacoチャージして公共料金の支払いを
やってほしいなと思います。

というのも公共料金支払いにおける
リクルートカードとnanacoの両方のデメリットを
互いのメリットでカバーすることができるからです。

 

 

それぞれのメリット・デメリットとは?

   recuruit

メリット … nanacoチャージでポイントが付く
デメリット … 一部支払いができない公共料金がある

 

nanaco

メリット … 公共料金の支払いが可能
デメリット … 公共料金の支払いではポイントが付かない

 

それぞれのデメリットをそれぞれのメリットがカバーします。

 

つまり、公共料金の支払いもしつつ
ポイントも貰うということを実現させるのです。

 

しかもリクルートカードはポイント還元率が
1.2%と高いのが魅力的です。

 

リクルートカードを発行したら
ぜひnanacoを使って公共料金の支払いをしたいところです。

 

 

 

公共料金以外にも使えるnanaco支払い

公共料金以外にも例えば次のような
支払いもnanacoで可能です。

  • 税金
  • 保険料

 

こういったクレジット支払いできないものも
nanacoチャージを利用することで
間接的にポイントを貯めることが可能です。

 

こういった部分でもお得にポイントを貯めましょう♪

 

▼リクルートカード公式▼

 

VISA,JCBで異なるリクルートカードのチャージポイント

recuruit

 

リクルートカードではチャージすることで
ポイントが貯まる電子マネーが多数ありますが、

VISA、JCBで対象の電子マネーが異なるので
今回はその辺を解説して行きます。

 

電子マネーチャージでポイント対象になる国際ブランドが異なる

VISAとJCBでポイント付与の対象となる電子マネーは
次のようになっています。

 

img_electronic_money_visa

 VISA…nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

 

img_electronic_money_jcb

 JCB…nanaco、モバイルSuica

 

楽天Edy、SMART ICOCAにチャージしたいという方は
VISAがおすすめです。

 

 

ポイント還元率は1.2%

VISA、JCBどちらでクレジットチャージしても
ポイント還元率は満額の1.2%です。

 

この1.2%のチャージポイントは本当に優秀です。

これを超えるチャージポイントが可能なのは
同じリクルート系列のリクルートカードプラスくらいでしょう!

 

実質、このチャージポイントに関しては
リクルートカードとリクルートカードプラスで
1位・2位を独占している状態です。

 

このメリットをどんどん活用して
チャージポイントを貯めちゃいましょう♪

 

▼リクルートカード公式▼

 

リクルートカード入会キャンペーンでじゃらんをお得に予約♪

じゃらん

 

リクルートカードの入会キャンペーンで貰えるポイントは
じゃらんでも使うことができます。

ポイントを貰ってすぐに宿を予約♪

なんてのもいいですね(^^)

 

 

リクルートカード入会キャンペーンのポイントは3種類

リクルートカードの入会キャンペーンで
用意されているポイントは全部で3種類。

全て条件を満たせば10,000円分のポイントを貰えます。

 

  • 新規入会特典…最大5,000円分のポイント
  • 初回利用特典…2,000円分のポイント
  • 携帯電話料金決済特典…3,000円分のポイント

 

※時期によりポイント額が変動する可能性があるので
確認することをおすすめします。

 

 

リクルートカードの入会ポイントは入会後すぐに使える

3種類のポイントのうち、新規入会特典の
最大5,000円分のポイントはすぐに使えるみたいです。

 

実際に口コミを参考にしています。

 

リクルートカードの審査が完了した時点で
ポイントが貰えました。

申し込みをしてから2日後でした。

メールにてポイントの案内がありました。

リクルートカードが手元に来る前にポイントは利用可能です。

 

なのですぐにでもじゃらんで宿を予約したい!

という方はカードの審査に通ったら
入会ポイントを使って予約してもいいですね♪

 

すぐにポイントを利用したい人は新規入会特典を利用する。

 

もう少し待てるという人は初回利用特典、携帯電話料金決済特典を
貰ってからでも利用すればいいと思います。

 

どちらにせよ3種類全てのポイントは
ゲットしておきたいところですね(^^)

 

▼リクルートカード公式▼

 

 

リクルートカードの入会キャンペーン|有効期限など注意したい部分

main

 

リクルートカードにはお得な入会キャンペーンがあります。

条件を満たすことでポイントを獲得できますが、
ポイントには有効期限があるので注意が必要です。

その辺の注意事項も含めて
キャンペーンの概要を解説して行きます。

 

 

入会キャンペーンでは3種類のポイントが貰える

リクルートカード入会では
次の3種類の入会特典が用意されています。

 

◆新規入会特典…入会するだけで貰える特典
        最大で5,000円分のポイントが貰える

◆初回利用特典…最初の1回カードを利用することで貰える特典
        2,000円の分ポイントが貰える

◆携帯電話料金決済特典…携帯電話の支払いをリクルートカードに設定することで貰える特典
            3,000円分のポイントが貰える

 

最大で10,000円分のポイントが貰えます。

※時期によりポイントの額が変わる可能性があるので
 公式ページで確認しておきましょう。

 

ちなみにこれら3つの特典ポイントは
全て期間限定ポイントなので注意しましょう。

 

 

キャンペーンポイントの受取り期間と有効期限

入会キャンペーンで貰えるポイントには
受け取り期間と有効期限があります。

 

<ポイント受取り期間>
  カード発行日~カード発行日の翌月末まで

<ポイント有効期限>
  ポイント受取り日の翌月末

 

カード発行が4/10なら

ポイント受け取り期間は4/10~5/31
ポイントの有効期限は最長で6/30

となります。

 

期間限定ポイントなので注意しておきましょう!

 

 

次のようなケースは特典を受け取れるのか?

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s

 

最後に特典についてのQ&Aをまとめてみました。

参考にどうぞ。

 

 

複数枚カードを申し込んだ場合、特典は貰える?

複数枚申し込むとは例えば次のような場合です。

  • リクルートカード、リクルートカードプラスを同時に申し込んだ場合
  • リクルートカード(VISA)、リクルートカード(JCB)を同時に申し込んだ場合

 

このような場合、どのカードに対して特典が適用されるのか?

ということですが、
最初に審査に通ったカードが特典の対象となります。

 

1枚目のカードは審査に落ちて2枚目のカードが通った場合は
2枚目のカードが特典の対象となります。

 

 

特典を受け取る前に別のカードに切り替えた場合

例えばリクルートカード(VISA)を発行したにも関わらず、
特典を受け取らず、すぐにリクルートカード(JCB)や
リクルートカードプラス(JCB)に切り替えた場合がそうです。

この場合、切り替え後のカードが特典の対象となります。

 

 

申し込みをした日とカード発行が完了した日でキャンペーンの内容が異なっている場合

例えば、キャンペーンの内容が

 

申し込みをした日:総額10,000円分のポイントキャンペーン
カード発行が完了した日:総額8,000円分のポイントキャンペーン

 

だった場合、申し込みをした日のキャンペーンが対象なので
10,000円分のポイントキャンペーンとなります。

 

 

以上、リクルートカードのお得な入会キャンペーンと
注意事項について解説しました。

リクルートカード発行の際にはぜひ
満額ポイントを受け取るようにしてください♪

 

▼リクルートカード公式▼