リクルートカードプラス|年会費・限度額など詳細解説

plus

 

リクルートプラスの詳細についてまとめてみました。

 

年会費 本会員:2,000円+税
家族会員:1,000円+税
ポイント還元率 2%
ポイント交換先 リクルートグループ内
Ponta加盟店
保険 海外・国内旅行保険…最高3000万円(自動付帯)
ショッピング保険…年間200万円まで
ETCカード 無料
チャージでポイントが付く電子マネー

※2016年9月16日(金)以降
ポイントが付かなくなります

nanaco、モバイルSuica
国際ブランド JCB

      
   

年会費は有料ですが、何と言っても2%のポイント還元率が圧倒的なメリットです。また、保険内容も自動付帯の旅行保険はかなり充実していると思います。

 

個人的にはこういった年会費もほどほどのポイント還元率がとにかく高いカードが一番好みです。

一時期、ダイナースクラブカードのようなステータスカードにも憧れた時期もありましたが、正直年会費の元が取れるかという部分で、結局庶民の私には高ポイント還元率のリクルートカードプラスなどが適していると分かりました^^;

 

 

リクルートカードプラスの利用限度額

c6d40c43591bb857c93a38a88716aa28_s

 

はっきりとした金額はわからないので
ネット上の書き込みを元に判断ということになります。

 

書き込みの中で最高は300万円という方が何名かいました。

 

一応この額が最高と見ておくといいと思います。

 

以上、参考にしてみて下さい。

 

リクルートカードプラスは審査は甘い?審査に通った強者たちを紹介

plus

 

リクルートカードプラスは審査が甘いのか?

実際の口コミを元に考えてみました。

 

その前にまずは審査合格率からお知らせしたいと思います。

とある口コミサイトの参考データですが

 

  • 合格:93.9%
  • 否決:6.1%

 

と圧倒的に合格率が高いです。

 

もちろん楽天カードなど会員数の多い
カードに比べたら口コミ数は少なくなります。

なので全体的な合格率はやや下がるのかもしれません。

 

ただ、それでも高い合格率は同じだと思います。

 

 

審査に通った強者たちの口コミ

4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s

 

「えっ!?」
「それで審査通ったの!?」

 

といったようなちょっとびっくりするような
口コミも見かけたので紹介します。

 

 

30過ぎでいまだアルバイトの身。

まさかこんな俺でも限度額が100万円も
付くとは夢にも思いませんでした。

 

ネット申し込み後10分で審査合格のメールが来ました。
早すぎです!!

 

1ヶ月以内に6枚のカードを申し込みました。
こんな審査に不利な状態でも合格できました。

 

簡単に口コミを紹介しました。

他の口コミも見ていて思ったのが、
意外と多かった書き込みとして

 

  • 定職に就いていない
  • 多重申込みをしていた
  • 申し込み後すぐに合格メールが来た

 

というものです。

けっこう審査に不利な条件にも関わらず、
すんなり合格するケースも多いようです。

 

年会費有料の割に意外と狙い目の
クレジットカードなのかもしれないですね。

 

 

 

漢方スタイルnanaco改悪でリクルートカードプラスに切り替えの波?

漢方カード画像  nanaco

 

2015年6月1日に漢方スタイルクラブカードの
nanacoチャージポイントが大改悪されました!!

 

nanacoチャージポイントが

1.75% ⇒ 0.25%

に大改悪…((((;゜Д゜)))))))

 

私も持っているカードなので
大きなダメージを受けております…

 

nanacoチャージでポイントが付くカードが
また一つ改悪されました。

 

そんなこともあり、今リクルートカードプラスに
切り替えの波が来ているのではないかと思っています。

 

 

リクルートカードプラスでは依然2%の高還元率

plus

 

漢方スタイルクラブカードが改悪された今、
超高還元率カードで生き残っているのは
リクルートカードプラスくらいかと思います。

(個人的に超高還元率カードとは1.5%を超えるものとしています)

 

リクルートカードプラスでは依然、
nanacoチャージでも2%の高還元率を実現しています。

 

※追記

2016年9月16日(金)以降、リクルートカードプラスの
nanacoチャージポイントが付かなくなります。

リクルートカードは引き続きnanacoチャージポイントが付きます。

 

 

ポイント交換先にも広がりが出た

以前はリクルートポイントの交換先が
リクルートグループ内に限定されていました。

 

リクルートポイント使い道

 

それがネックでいくらnanacoチャージも
高還元率だからと言ってもあまりそそられないカードでした。

 

しかし、ポイント交換先もだいぶ改善されて
今ではPontaポイントに交換が可能です。

 

img_pointchange

 

これなら今までポイント交換先がネックになっていた人も
カード発行に踏み切れるのではないかと思います。

 

切り替えの波が来ているのかもしれません!

 

 

 

口コミからわかるリクルートカードプラスの審査期間の短さ

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

 

リクルートカードプラスは
審査が甘いカードと言われています。

今回は実際の口コミから
審査期間の短さをピックアップしてみます。

 

 

深夜に申し込みをして、
次の日の朝にメール確認をすると
早速審査合格のメールが届いていました!

 

申し込み後20分で審査通過メールが!
今までで最短です!

 

2/10にネット申し込み。
即行で合格のメールが来ました。

それから4日後には口座引き落とし書類と
本人確認書類が到着しました。

 

ネット申し込み後わずか10分後に
合格メールが届きました!

 

 

これらは口コミの一部で、他にも審査がわりとすんなり行った
という書き込みは多数あります。

比較的審査がスムーズに行くカードと言っていいでしょうね♪

 

 

リクルートカードプラス×nanaco×クオカードで驚異の3.8%+α還元

plus  nanaco  seven100

 

知っている人は知っている。

リクルートカードプラスとnanaco、クオカードを併用した
ポイント還元率3.8%+αの技を紹介します。

 

2016年9月16日以降、nanacoチャージポイントが付与されなくなります。
 以下の方法は2016年9月15日まで有効です。

 

まずは簡単な手順のまとめです。

①リクルートカードプラスでnanacoチャージ
②nanacoでクオカード購入
③クオカード利用&ポイントカード提示

順番に解説します。

 

 

nanacoチャージで2%還元

nanaco

 

nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードは
実はかなり限られています。

その限られたカードの一つがリクルートカードプラスです。

 

nanacoチャージでもきっちり2%のポイント還元が嬉しいです♪

まずはこの工程で2%ゲットです!

 

 

クオカード購入で1.8%還元

seven100

 

チャージしたnanacoを使って
セブンイレブンでクオカードを購入しましょう。

 

セブンイレブンで取り扱っているクオカードは全部で3種類。

7quo

高いカードほどおまけがたくさん付きます。

 

10,000円分…180円分のおまけ
5,000円分…70円分のおまけ
3,000円分…おまけなし

 

なのでおまけが一番付く
10,000円分のクオカードを購入しましょう。

 

これで1.8%の還元です。

 

 

クオカード利用&ポイントカード提示で+αのポイント

購入したクオカードを加盟店で利用します。

この時、加盟店のポイントカードがあるならそれも利用します。

 

eneos  ガスト  famima  tsutaya

 

エネオス、ガスト、ファミマ、TSUTAYAならTカード。
0.5%のポイント還元です。

 

man

 

マツモトキヨシならマツモトキヨシのポイントカード。
1%のポイント還元です。

 

今まで紹介してきた工程を全てこなすことで
4.8%の還元も実現可能です♪

 

実際、私も三重の還元を実践しているので
気づかないうちに節約にはなっているはずです(^^)v

一度試してみてはいかがでしょうか?