リクルートカードのデメリットは一部の人には圧倒的なメリットに!

recuruit

 

リクルートカードのデメリットの一つに
ポイント交換先が限定されるというのがあります。

 

ポイントの交換先は

  • リクルートサービス内
  • ponta加盟店

となっています。

 

以前はリクルートサービス内とかなり限定的だったんですが、
Pontaポイントと提携して改善はされています。

 

img_pointchange

 

それでも限定的ではあるんですが、
これらを利用する方にはメリットだと思います。

特にリクルートサービスを利用する方にとっては。

 

 

リクルートサービス内では圧倒的に優遇

リクルートカードを持っているだけで
リクルートサービス内でポイントが圧倒的に優遇されます。

通常の1.2%のクレジットポイントに
+αでポイントが還元されます。

 

リクルートカードポイントアップ

 

ポンパレモールなら1.2%+3.0%=4.2%

じゃらんなら1.2%+2.0%=3.2%

 

しかもリクルートカードプラスなら
ポイント還元率が2%にアップするのでさらに優遇されます。

 

ポンパレモールなら2.0%+3.0%=5.0%

じゃらんなら2.0%+2.0%=4.0%

 

リクルートサービス内でポイントが貯まりやすい。
そして、貯まったポイントをリクルートサービスで利用する。

リクルートサービスを利用する方はこの好循環で回って行きます。

 

 

無料のリクルートカードか?有料のリクルートカードプラスか?

細かい違いはありますが、
年間のカード利用額でどちらのカードにするかを
選ぶといいかと思います。

 

recruit.plus

基準は年間約27万円のカード利用額のライン。

 

このラインを超えると有料のリクルートカードの方が
ポイントの面でお得になってきます。

 

他にも細かい部分の比較もされたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

⇒リクルートカードとリクルートカードプラスの比較記事へ

 

▼リクルートカード公式▼

 

 

リクルートカードとnanacoを使ってぜひ公共料金支払いを!

公共料金

 

リクルートカードとnanacoの両方を持っていたら
ぜひnanacoチャージして公共料金の支払いを
やってほしいなと思います。

というのも公共料金支払いにおける
リクルートカードとnanacoの両方のデメリットを
互いのメリットでカバーすることができるからです。

 

 

それぞれのメリット・デメリットとは?

   recuruit

メリット … nanacoチャージでポイントが付く
デメリット … 一部支払いができない公共料金がある

 

nanaco

メリット … 公共料金の支払いが可能
デメリット … 公共料金の支払いではポイントが付かない

 

それぞれのデメリットをそれぞれのメリットがカバーします。

 

つまり、公共料金の支払いもしつつ
ポイントも貰うということを実現させるのです。

 

しかもリクルートカードはポイント還元率が
1.2%と高いのが魅力的です。

 

リクルートカードを発行したら
ぜひnanacoを使って公共料金の支払いをしたいところです。

 

 

 

公共料金以外にも使えるnanaco支払い

公共料金以外にも例えば次のような
支払いもnanacoで可能です。

  • 税金
  • 保険料

 

こういったクレジット支払いできないものも
nanacoチャージを利用することで
間接的にポイントを貯めることが可能です。

 

こういった部分でもお得にポイントを貯めましょう♪

 

▼リクルートカード公式▼

 

リクルートカードはnanacoチャージOK!ポイントも満額付与♪

nanaco

 

リクルートカードにはVISA、JCBの国際ブランドがありますが、
どちらもnanacoチャージがポイント付与対象です。

ポイントは満額付与の1.2%。

 

nanacoクレジットチャージをするメリットを知っている方は
ぜひ積極的にリクルートカードでチャージしましょう。

 

ちなみにnanaco以外にも
チャージポイントが付く電子マネーはいくつかあります。

【参考】VISA,JCBで異なるリクルートカードのチャージポイント

 

こちらも満額の1.2%ポイント付与なので
利用できる方はぜひ利用しておきたいですね♪

 

▼リクルートカード公式▼

 

リクルートカードのポイント還元率は無料のカードの中でも最高峰

recuruit

 

 

リクルートカードは年会費無料でありながら
そのポイント還元率の高さが人気の理由の
一つとなっています。

 

ではどれくらいポイント還元率がすごいのか?

他の無料のカードと比較して解説したいと思います。

 

 

年会費無料のクレジットカードと比較

人気の無料カードと比較してみます。

 

  • リクルートカード…1.2%
  • イオンカード…0.5%
  • 楽天カード…1.0%
  • ライフカード…0.67%
  • ファミマTカード…0.5%
  • REXカードLite…1.25%

 

無料のカードなら1%で優秀なカードと言えます。

1.2%のリクルートカードはさらに一歩先を行くカードです。

 

無料でここまでの還元率はREXカードライトくらいだと思います。

 

リクルートカードは他の無料のカードと比較しても
高還元率なのがわかります。

 

 

リクルートグループ内ではさらにポイント優遇

リクルートカードはリクルートグループ内の利用で
さらにポイントが優遇されます。

通常の1.2%に+αのポイント優遇があります。

 

リクルートカードポイントアップ

 

ポンパレモールなら1.2%+3.0%=4.2%

じゃらんなら1.2%+2.0%=3.2%

 

これらを利用する方にとっては大きなメリットとなるはずです。

 

 

まとめ

リクルートカードは

  • 元々の高ポイント還元率
  • リクルートグループ内でのポイント優遇

などによりポイントが貯まりやすいカードとなっています。

 

これらにメリットを感じる方は無料ですし
持っておいて損のないカードかと思います♪

 

ちなみにポイントの使い道も以前よりも広がり
より使いやすいカードとなりました。

 

【参考】Ponta提携で広がるリクルートカードのポイント交換先

 

▼リクルートカード公式▼

 

 

Ponta提携で広がるリクルートカードのポイント交換先

以前はリクルートカードのポイントの使い道は
リクルートサービス内に限定されていました。

 

リクルートポイント使い道

 

これがリクルートカード最大のデメリットでした。

ただ、今では改善されてPontaポイントと提携したことで
ポイント交換先に広がりが出ました。

 

 

Pontaに交換することで利用可能になる店舗

Pontaポイントに交換することで
リクルートサービス以外にも利用可能店舗が増えました。

 

img_pointchange

 

ローソンで使えるようになったのは大きいと思います。

ローソン以外にも

  • ケンタッキー
  • HMV
  • GEO

など、ポイントの使い道に広がりが出ました。

 

 

Pontaポイントへの交換単位・手数料

ちなみにリクルートポイントからPontaポイントへの
交換単位・手数料ですが

リクルートポイント100ポイント以上から
100ポイント単位で交換可能で手数料は無料です。

 

リクルートポイント1ポイントがPontaポイント1ポイントに交換されます。
(Pontaの1ポイントは1円に相当)

 

手数料も取られずそのままのレートで
交換できるのが嬉しいですね♪

 

 

まとめ

リクルートカードのポイント交換先として
Pontaが追加されたことでより使いやすいカードとなりました。

以前のデメリットが解消されたことで
発行しやすいカードになったのではないでしょうか?

 

▼リクルートカード公式▼