リクルートカードのデメリットは一部の人には圧倒的なメリットに!

recuruit

 

リクルートカードのデメリットの一つに
ポイント交換先が限定されるというのがあります。

 

ポイントの交換先は

  • リクルートサービス内
  • ponta加盟店

となっています。

 

以前はリクルートサービス内とかなり限定的だったんですが、
Pontaポイントと提携して改善はされています。

 

img_pointchange

 

それでも限定的ではあるんですが、
これらを利用する方にはメリットだと思います。

特にリクルートサービスを利用する方にとっては。

 

 

リクルートサービス内では圧倒的に優遇

リクルートカードを持っているだけで
リクルートサービス内でポイントが圧倒的に優遇されます。

通常の1.2%のクレジットポイントに
+αでポイントが還元されます。

 

リクルートカードポイントアップ

 

ポンパレモールなら1.2%+3.0%=4.2%

じゃらんなら1.2%+2.0%=3.2%

 

しかもリクルートカードプラスなら
ポイント還元率が2%にアップするのでさらに優遇されます。

 

ポンパレモールなら2.0%+3.0%=5.0%

じゃらんなら2.0%+2.0%=4.0%

 

リクルートサービス内でポイントが貯まりやすい。
そして、貯まったポイントをリクルートサービスで利用する。

リクルートサービスを利用する方はこの好循環で回って行きます。

 

 

無料のリクルートカードか?有料のリクルートカードプラスか?

細かい違いはありますが、
年間のカード利用額でどちらのカードにするかを
選ぶといいかと思います。

 

recruit.plus

基準は年間約27万円のカード利用額のライン。

 

このラインを超えると有料のリクルートカードの方が
ポイントの面でお得になってきます。

 

他にも細かい部分の比較もされたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

⇒リクルートカードとリクルートカードプラスの比較記事へ

 

▼リクルートカード公式▼

 

 

VISA,JCBで異なるリクルートカードのチャージポイント

recuruit

 

リクルートカードではチャージすることで
ポイントが貯まる電子マネーが多数ありますが、

VISA、JCBで対象の電子マネーが異なるので
今回はその辺を解説して行きます。

 

電子マネーチャージでポイント対象になる国際ブランドが異なる

VISAとJCBでポイント付与の対象となる電子マネーは
次のようになっています。

 

img_electronic_money_visa

 VISA…nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

 

img_electronic_money_jcb

 JCB…nanaco、モバイルSuica

 

楽天Edy、SMART ICOCAにチャージしたいという方は
VISAがおすすめです。

 

 

ポイント還元率は1.2%

VISA、JCBどちらでクレジットチャージしても
ポイント還元率は満額の1.2%です。

 

この1.2%のチャージポイントは本当に優秀です。

これを超えるチャージポイントが可能なのは
同じリクルート系列のリクルートカードプラスくらいでしょう!

 

実質、このチャージポイントに関しては
リクルートカードとリクルートカードプラスで
1位・2位を独占している状態です。

 

このメリットをどんどん活用して
チャージポイントを貯めちゃいましょう♪

 

▼リクルートカード公式▼