リクルートカードのデメリットは一部の人には圧倒的なメリットに!

recuruit

 

リクルートカードのデメリットの一つに
ポイント交換先が限定されるというのがあります。

 

ポイントの交換先は

  • リクルートサービス内
  • ponta加盟店

となっています。

 

以前はリクルートサービス内とかなり限定的だったんですが、
Pontaポイントと提携して改善はされています。

 

img_pointchange

 

それでも限定的ではあるんですが、
これらを利用する方にはメリットだと思います。

特にリクルートサービスを利用する方にとっては。

 

 

リクルートサービス内では圧倒的に優遇

リクルートカードを持っているだけで
リクルートサービス内でポイントが圧倒的に優遇されます。

通常の1.2%のクレジットポイントに
+αでポイントが還元されます。

 

リクルートカードポイントアップ

 

ポンパレモールなら1.2%+3.0%=4.2%

じゃらんなら1.2%+2.0%=3.2%

 

しかもリクルートカードプラスなら
ポイント還元率が2%にアップするのでさらに優遇されます。

 

ポンパレモールなら2.0%+3.0%=5.0%

じゃらんなら2.0%+2.0%=4.0%

 

リクルートサービス内でポイントが貯まりやすい。
そして、貯まったポイントをリクルートサービスで利用する。

リクルートサービスを利用する方はこの好循環で回って行きます。

 

 

無料のリクルートカードか?有料のリクルートカードプラスか?

細かい違いはありますが、
年間のカード利用額でどちらのカードにするかを
選ぶといいかと思います。

 

recruit.plus

基準は年間約27万円のカード利用額のライン。

 

このラインを超えると有料のリクルートカードの方が
ポイントの面でお得になってきます。

 

他にも細かい部分の比較もされたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

⇒リクルートカードとリクルートカードプラスの比較記事へ

 

▼リクルートカード公式▼

 

 

リクルートカードプラス|年会費・限度額など詳細解説

plus

 

リクルートプラスの詳細についてまとめてみました。

 

年会費 本会員:2,000円+税
家族会員:1,000円+税
ポイント還元率 2%
ポイント交換先 リクルートグループ内
Ponta加盟店
保険 海外・国内旅行保険…最高3000万円(自動付帯)
ショッピング保険…年間200万円まで
ETCカード 無料
チャージでポイントが付く電子マネー

※2016年9月16日(金)以降
ポイントが付かなくなります

nanaco、モバイルSuica
国際ブランド JCB

      
   

年会費は有料ですが、何と言っても2%のポイント還元率が圧倒的なメリットです。また、保険内容も自動付帯の旅行保険はかなり充実していると思います。

 

個人的にはこういった年会費もほどほどのポイント還元率がとにかく高いカードが一番好みです。

一時期、ダイナースクラブカードのようなステータスカードにも憧れた時期もありましたが、正直年会費の元が取れるかという部分で、結局庶民の私には高ポイント還元率のリクルートカードプラスなどが適していると分かりました^^;

 

 

リクルートカードプラスの利用限度額

c6d40c43591bb857c93a38a88716aa28_s

 

はっきりとした金額はわからないので
ネット上の書き込みを元に判断ということになります。

 

書き込みの中で最高は300万円という方が何名かいました。

 

一応この額が最高と見ておくといいと思います。

 

以上、参考にしてみて下さい。

 

リクルートカードとnanacoを使ってぜひ公共料金支払いを!

公共料金

 

リクルートカードとnanacoの両方を持っていたら
ぜひnanacoチャージして公共料金の支払いを
やってほしいなと思います。

というのも公共料金支払いにおける
リクルートカードとnanacoの両方のデメリットを
互いのメリットでカバーすることができるからです。

 

 

それぞれのメリット・デメリットとは?

   recuruit

メリット … nanacoチャージでポイントが付く
デメリット … 一部支払いができない公共料金がある

 

nanaco

メリット … 公共料金の支払いが可能
デメリット … 公共料金の支払いではポイントが付かない

 

それぞれのデメリットをそれぞれのメリットがカバーします。

 

つまり、公共料金の支払いもしつつ
ポイントも貰うということを実現させるのです。

 

しかもリクルートカードはポイント還元率が
1.2%と高いのが魅力的です。

 

リクルートカードを発行したら
ぜひnanacoを使って公共料金の支払いをしたいところです。

 

 

 

公共料金以外にも使えるnanaco支払い

公共料金以外にも例えば次のような
支払いもnanacoで可能です。

  • 税金
  • 保険料

 

こういったクレジット支払いできないものも
nanacoチャージを利用することで
間接的にポイントを貯めることが可能です。

 

こういった部分でもお得にポイントを貯めましょう♪

 

▼リクルートカード公式▼

 

リクルートカードプラスは審査は甘い?審査に通った強者たちを紹介

plus

 

リクルートカードプラスは審査が甘いのか?

実際の口コミを元に考えてみました。

 

その前にまずは審査合格率からお知らせしたいと思います。

とある口コミサイトの参考データですが

 

  • 合格:93.9%
  • 否決:6.1%

 

と圧倒的に合格率が高いです。

 

もちろん楽天カードなど会員数の多い
カードに比べたら口コミ数は少なくなります。

なので全体的な合格率はやや下がるのかもしれません。

 

ただ、それでも高い合格率は同じだと思います。

 

 

審査に通った強者たちの口コミ

4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s

 

「えっ!?」
「それで審査通ったの!?」

 

といったようなちょっとびっくりするような
口コミも見かけたので紹介します。

 

 

30過ぎでいまだアルバイトの身。

まさかこんな俺でも限度額が100万円も
付くとは夢にも思いませんでした。

 

ネット申し込み後10分で審査合格のメールが来ました。
早すぎです!!

 

1ヶ月以内に6枚のカードを申し込みました。
こんな審査に不利な状態でも合格できました。

 

簡単に口コミを紹介しました。

他の口コミも見ていて思ったのが、
意外と多かった書き込みとして

 

  • 定職に就いていない
  • 多重申込みをしていた
  • 申し込み後すぐに合格メールが来た

 

というものです。

けっこう審査に不利な条件にも関わらず、
すんなり合格するケースも多いようです。

 

年会費有料の割に意外と狙い目の
クレジットカードなのかもしれないですね。

 

 

 

VISA,JCBで異なるリクルートカードのチャージポイント

recuruit

 

リクルートカードではチャージすることで
ポイントが貯まる電子マネーが多数ありますが、

VISA、JCBで対象の電子マネーが異なるので
今回はその辺を解説して行きます。

 

電子マネーチャージでポイント対象になる国際ブランドが異なる

VISAとJCBでポイント付与の対象となる電子マネーは
次のようになっています。

 

img_electronic_money_visa

 VISA…nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

 

img_electronic_money_jcb

 JCB…nanaco、モバイルSuica

 

楽天Edy、SMART ICOCAにチャージしたいという方は
VISAがおすすめです。

 

 

ポイント還元率は1.2%

VISA、JCBどちらでクレジットチャージしても
ポイント還元率は満額の1.2%です。

 

この1.2%のチャージポイントは本当に優秀です。

これを超えるチャージポイントが可能なのは
同じリクルート系列のリクルートカードプラスくらいでしょう!

 

実質、このチャージポイントに関しては
リクルートカードとリクルートカードプラスで
1位・2位を独占している状態です。

 

このメリットをどんどん活用して
チャージポイントを貯めちゃいましょう♪

 

▼リクルートカード公式▼