リクルートカードプラスの圧倒的なメリットと「ん?」なデメリット

plus

 

リクルートカードプラスは年会費有料の分、
圧倒的なメリットがあります。

その反面、思わず「ん?」と思うようなデメリットもあります。

 

その両方について説明したいと思います。

 

まずはメリット・デメリットのまとめです。

 

メリット デメリット
ポイント還元率2.0% 家族カードの年会費が有料
旅行保険が充実
海外国内旅行保険3,000万円が自動付帯
国際ブランドがJCBのみ
ETCカードが無料  
nanaco、モバイルSuicaへのチャージで
ポイント付与
 

 

 

最大のメリットは何と言っても圧倒的なポイント還元率

file0001048463576

 

年会費はかかりますが、それに見合った
圧倒的なポイント還元率が最大のメリットです。

高還元率カードと言われる
ジャックス系のクレジットカードと比較しても
リクルートカードプラスは還元率が高いです。

 

  • リクルートカードプラス…2.0%
  • REX…1.75%
  • 漢方スタイルクラブカード…1.75%
  • リーダーズカード…1.8%(Amazonデポに交換の場合)
  • エクストリームカード…1.5%

 

 

なぜか国際ブランドはJCBのみ

無料のリクルートカードではVISAとJCBから選択ができました。

しかし、リクルートカードプラスではJCBのみとなっています。

 

VISAにこだわりがある方にはちょっと残念ですが、
こだわりがないならJCBでも問題ないかと思います。

 

特に気になった部分を解説しました。

デメリットとして挙げたものも
あまり気にしないでいいかと思います。

それをカバーするだけの圧倒的なメリットがあるので。