リクルートカードプラスのデメリットは以前よりだいぶ緩和されました

plus

 

以前のリクルートカードプラスは
高ポイント還元率の割に限定的なポイント交換先が
最大のネックになっていました…

 

そのため、おすすめしたくても
どこか引っかかる部分があって
おすすめできないカードでもありました。

 

しかし最近ではポイントの交換先が増えて
よりデメリットが緩和された感じです♪

 

 

以前はリクルートグループ内でしかポイントが使えなかった

以前は貯まったポイントの使い道は
リクルートグループ内に限定されていました。

 

リクルートポイント使い道

 

もちろん、これらを日常的に利用する方なら
問題はないのですが、ちょっと限定的すぎますよね…

 

 

Pontaポイント提携で幅が広がった

最近はPontaポイントと提携したことで
ポイントの使い道が広がりました。

 

img_pointchange

 

リクルートポイントをそのままのレートで
Pontaポイントに移行可能です。

ローソンでポイントが使えるようになったのは
大きいと思います。

 

また、逆にPontaポイントからリクルートポイントに
移行できるのも面白いかと思います。

 

というわけで、リクルートカードプラスは
以前のデメリットが緩和されてより使いやすいカードとなりました。

ポイント還元率も2%と圧倒的に高く
今後ますます注目されるカードかと思います。