本当にお得なの?リクルートカードのメリットをまとめてみた

recuruit

 

雑誌などでも紹介され人気のリクルートカード。

「実際どの辺がお得なカードなの?」
「本当に発行しても大丈夫?」

という疑問を持つ方も多いはずです。

 

そんな方のために今回はリクルートカードの
メリットについてまとめてみました。

 

 

リクルートカードのメリットまとめ

まずはメリットを一覧でまとめてみました。

メリット 解説
年会費無料 本会員、家族会員ともに無料です
JCBはETCカード無料 VISAは有料ですがJCBは無料です
1.2%の高ポイント還元率 無料のクレジットカードの中では最高峰
保険が充実 こちらも無料のカードの中では最高峰
海外旅行保険2,000万円、国内旅行保険1,000万円
電子マネーチャージでポイントが付く チャージでも1.2%のポイントが付きます

                   
                

個人的に年会費無料のカードとして
押さえておきたいと思うのが

  • 高ポイント還元率
  • 充実した保険内容

の2つ。

 

この部分をリクルートカードはきっちり押さえています。

これについて少し解説していきます。

 

 

無料のクレジットカードの中では最高峰のポイント還元率

他の無料のカードと比較すると
リクルートカードのポイント還元率が高いことがわかります。

 

カード ポイント還元率
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1%
Orico Card THE POINT 1%
イオンカード 0.5%
ライフカード 0.5%

       

基本的に無料のカードは0.5%くらいのポイント還元率が多いので
単純に2倍以上のポイントがリクルートカードなら貯まります。

また、最近は1%の還元率のカードも多くなりましたが、
それらよりもお得にポイントが貯まります♪

 

とにかくポイント重視!
という方にはリクルートカードはおすすめです。

 

 

無料なのに充実の保険内容

リクルートカードの保険内容は次の通りです。

  • 海外旅行保険:2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行保険:1,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:年間200万円

 

まず、無料のカードでは保険自体が付いていないのが普通です。

仮に保険が付いていたとしても
ここまで付いている保険はそうそうありません。

 

無料だけどポイントも保険も充実しているカードが欲しい!
という欲張りな方におすすめです(笑)

 

 

デメリットはないの?

今までいい部分について紹介しましたが、
やはりデメリットも気になる所だと思います。

リクルートカードのデメリットですが、
ポイントの使い道が限定的というのがあります。

ただ、これも改善されて今は使いやすくなっています。

 

 

今まではリクルート内限定のポイントだった

今までのポイントの使い道はこんな感じでした。

リクルートポイント使い道

 

じゃらんやホットペッパーなど、
利用する人にとってはいいと思いますが、
知らないサービスも多いのかなと思います。

 

Pontaポイントと提携でポイント交換先が拡大

2015年11月24日からリクルートポイントを
Pontaポイントへ交換できるようになりました♪

 

img_pointchange

 

Ponta加盟店が加わったことでかなり使い道が増えました。

これならポイントの使い道に困ることはなさそうですね(^^)

 

 

まとめ

リクルートのメリットについて解説してきましたが、
最後にまとめます。

 

メリットはいくつかありますが、その中でも特に

  • 1.2%の高ポイント還元率
  • 充実の保険

がリクルートカードは大きなメリットです。

無料でここまで付くカードはほとんどないので
人気なのもうなずけます。

 

デメリットとしてポイントの交換先を挙げましたが、
それも改善されて今では

  • リクルートサービス
  • Ponta加盟店

などで使えるようになりました。

 

デメリットが解消されて使いやすいカードとなりました。

これから発行したいという方は今回の内容を踏まえて
発行するかどうか検討してみて下さい。